報道発表

河野外務大臣主催フン・マネット・カンボジア王国軍参謀次長との夕食会

平成30年4月27日

英語版 (English)

  1.  本27日夜,河野太郎外務大臣は,外務省戦略的実務者招へいにて訪日中のフン・マネット・カンボジア王国軍参謀次長(H.E. LT. Gen. Hun Manet, Deputy Chairman of the Royal Cambodian Armed Force (RCAF) Joint Staff)一行を迎えて夕食会を開催したところ,概要は以下のとおりです。

    1 冒頭,河野大臣から,フン・マネット参謀次長をはじめ,カンボジアの将来を担うリーダーの訪日を歓迎した上で,若き世代の方々の参加も得て,両国の協力を更に深めていきたい旨述べました。
     これに対して,フン・マネット参謀次長から,今回の訪問に対する温かい歓迎に対する謝意を表明した上で,今回の訪日では,政府や議会,民間の重要な方々と数多く面談し,和平時代から続く両国関係の絆の強さを実感したと述べました。

    2 河野大臣から,日本は,カンボジアの発展を重視しており,今後も支援を継続していく旨述べました。また,両国の将来のために今回の訪問団のような若い世代との交流を推進していく考えを述べました。
     これに対して,フン・マネット参謀次長から,長年に亘る日本の支援に対する謝意を表明した上で,日本の協力を得て国の発展を更に進めて行く考えを述べるとともに,国際社会における日本の役割を常に支持する旨述べました。

    3 カンボジア側からは,自国の歴史や社会,国際関係にかかる若い世代の見方が披露されました。また,河野大臣から,カンボジアの政治情勢につき,本年7月の国政選挙が国民の意思が適切に反映される形で実施されるよう改めて働きかけたのに対し,フン・マネット参謀次長から,本国に戻った後,フン・セン首相に然るべく伝達する旨応じました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る