報道発表

ハリーリ・シリア交渉委員会委員長による河野外務大臣表敬

平成30年4月9日

英語版 (English)

  • ハリーリ・シリア交渉委員会委員長による河野外務大臣表敬1
  • ハリーリ・シリア交渉委員会委員長による河野外務大臣表敬2
  1.  本9日,午後5時25分から20分間,河野太郎外務大臣は,訪日中のナセル・ハリーリ・シリア交渉委員会委員長(Dr.Naser al-Hariri,President of Syrian Negotiations Commission)による表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

    1 冒頭,河野大臣から,シリアにおける緊張の高まりを懸念しており,全ての当事者に対し暴力の停止を求めたい,日本は国連主導の政治的プロセスの進展を支持している旨述べました。また,河野大臣から,シリア危機発生以降,日本はこれまでシリア及び周辺国に対して20億ドル以上の人道支援を実施(PDF)別ウィンドウで開くしたことを紹介し,今後も日本は,全紛争当事者が和平実現のために取り組むことを促しつつ,シリア及び周辺国に対し適切な支援を行っていく旨述べました。

    2 これに対し,ハリーリ委員長から,シリア国内及び周辺国への日本の支援については良く承知しており深く感謝している,シリア危機の解決のためには政治プロセスが重要であり,日本を含む国際社会の後押しを期待している旨の発言がありました。

    [参考]シリア交渉委員会(Syrian Negotiations Commission:SNC)
     2017年11月,サウジアラビアのリヤドにおいて開催された反体制派会合において形成されたシリア反体制派の統一代表団。国連が主導してジュネーブで開催される「シリア人対話(Intra-Syrian Dialogue)」において,反体制派を代表して協議に参加している。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る