報道発表

スウィング国際移住機関事務局長による河野外務大臣表敬

平成30年3月2日

英語版 (English)

  • スウィング国際移住機関事務局長による河野外務大臣表敬1
  • スウィング国際移住機関事務局長による河野外務大臣表敬2
  1.  本2日,午後5時55分から約20分間,河野太郎外務大臣は,訪日中のウィリアム・スウィング国際移住機関(IOM)事務局長(Mr. William Swing, Director General of International Organization for Migration)による表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

    1 河野大臣から,本年秋に退任予定のスウィング事務局長の過去10年にわたる功績を讃えると共に,IOMが機構改革を実施してきたことや,アジアをはじめ世界各地での人道危機への対応を効果的に実施していることを高く評価している旨述べました。

    2 これに対し,スウィングIOM事務局長から,日本からの支援に感謝を表明するとともに,人道危機への対応において日本は重要なパートナーであり,今後も協力強化を図っていきたい旨述べました。

    3 その他,両者は,国際情勢等について意見交換を行いました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る