報道発表

第3回日豪サイバー政策協議の開催(共同ステートメントの発出)

平成29年12月12日

英語版 (English)

  1. 1 12月11日,東京において,第3回日豪サイバー政策協議が開催されました。当該協議は二国間,地域的及び国際的なサイバー問題に関する両国の広範な積極的関与と長期間に及ぶ協力関係を反映するものです。両国は,この協議の成果として,共同ステートメント日本語(PDF)別ウィンドウで開く英語(PDF)別ウィンドウで開く)を発出しました。

    2 共同議長は,大鷹正人外務省サイバー政策担当大使とトビアス・フィーキン外務貿易省サイバー担当大使(Dr. Tobias Feakin, Ambassador for Cyber Affairs)が務め,日本から,外務省,国家安全保障局,内閣サイバーセキュリティセンター,内閣情報調査室,警察庁,総務省,公安調査庁,経済産業省,防衛省,JPCERT/CC,情報処理推進機構(IPA)の関係者が,オーストラリア側からは,首相府,外務貿易省,豪州サイバーセキュリティセンター,CERTオーストラリアの関係者がそれぞれ出席しました。

    3 両国は,第4回日豪サイバー政策協議を,来年,キャンベラで開催する予定です。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る