報道発表

程永華駐日中国大使による河野外務大臣表敬

平成29年12月1日

  • 程永華駐日中国大使による河野外務大臣表敬1
  • 程永華駐日中国大使による河野外務大臣表敬2
  • 程永華駐日中国大使による河野外務大臣表敬3
  1.  本1日,午後2時45分頃から約30分間,河野太郎外務大臣は,程永華(てい・えいか)駐日中国大使による表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

    1 河野大臣から,一昨日(11月29日),北朝鮮がICBM級ミサイル発射を再び強行したことを踏まえ,中国の役割は極めて重要であり,更なる建設的な役割を果たすよう強く働きかけました。その上で,双方は,北朝鮮の非核化は日中両国の共通目標であり,日中間でも国連安保理の場を含め,更に連携を強化していくことで一致しました。

    2 双方は,先般の2度の日中首脳会談を受けて,日中関係改善の流れが定着してきていることを歓迎し,来年の日中平和友好条約締結40周年を見据えながら,あらゆる分野における対話・協力・交流を強化していくことで一致しました。

    3 また,河野大臣から,12月4日夜に行われる「日中企業家及び元政府高官対話(日中CEO等サミット)」レセプションへの自身の出席の意向を述べ,双方は,現在活発化している日中の経済界の協力・交流を共に後押ししていくことが重要であるとの点で一致しました。

    [参考]「日中企業家及び元政府高官対話(日中CEO等サミット)」概要
    (1)12月4日から5日にかけて,第3回対話が経団連と中国国際経済交流センターとの共催により,東京において開催される予定。

    (2)同対話には,日中両国を代表する企業経営者や元政府高官等が参加。日本側から,福田康夫元総理,榊原定征経団連会長等,中国側から,曾培炎(そ・ばいえん)・中国国際経済交流センター理事長(元副総理)等が出席予定。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る