報道発表

河野外務大臣のバングラデシュ訪問

平成29年11月17日

  1. 1 11月18日から20日まで,河野太郎外務大臣は,バングラデシュ人民共和国を訪問します。

    2 河野大臣は,滞在中,アブル・ハッサン・マームード・アリ・バングラデシュ人民共和国外務大臣(H.E. Mr. Abul Hassan Mahmood Ali, Minister of Foreign Affairs of the People’s Republic of Bangladesh)と外相会談を行う他,シェイク・ハシナ・バングラデシュ首相(H.E. Sheikh Hasina, Prime Minister of the People’s Republic of Bangladesh)を表敬する予定です。外相会談では,日・バングラデシュ二国間関係,ミャンマーのラカイン州北部の情勢北朝鮮問題を含む種々の地域情勢等の議題について意見交換を行い,日本のメッセージを伝えます。

    3 また,河野大臣は,ミャンマーのラカイン州北部の情勢を受けてバングラデシュに流入してきた避難民のキャンプを視察します。

    4 今回のバングラデシュ訪問は,昨年7月のダッカ襲撃テロ事件以降,初の閣僚による訪問であり,河野大臣は,事件現場で献花をし,犠牲者及びその御家族に哀悼の誠を捧げる予定です。

    [参考]河野大臣出張日程(予定)

    11月18日午後 羽田発
     ダッカ着
    19日 ダッカ襲撃テロ事件の現場において献花
     アリ外務大臣との外相会談
     コックスバザールにおいて避難民キャンプ視察
     ハシナ首相への表敬
    午後 ダッカ発
    20日午前 羽田着

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る