報道発表

豪州主催「拡散に対する安全保障構想」海上阻止訓練「Pacific Protector 17」への我が国の参加

平成29年9月1日

1 9月6日から9日まで,我が国は,大量破壊兵器等の拡散阻止能力を向上させ,関係国間の協力を推進するため,豪州が主催する「拡散に対する安全保障構想」(PSI:Proliferation Security Initiative)海上阻止訓練「Pacific Protector 17」に参加します。

2 PSIは,国際社会の平和と安定に対する脅威である大量破壊兵器・ミサイル及びそれらの関連物資の拡散を阻止するため,国際法・各国国内法の範囲内でとり得る措置を検討・実践するグローバルな取組です。我が国は,PSI発足当初より積極的に参加してきており,この訓練は,2013年のPSIの10周年記念会合で決定されたアジア太平洋地域におけるローテーション訓練の第4回目に当たります。
 なお,PSIの活動は,特定の国家や非国家主体を対象とするものではありません。

3 我が国からは,防衛省・自衛隊から海上自衛隊の固定翼哨戒機(P-3C)1機を派遣し,実動訓練に参加するとともに,外務省,警察庁,財務省・税関,海上保安庁及び防衛省・自衛隊の職員を派遣し,ケアンズで開催される机上訓練等に参加します。


報道発表へ戻る