報道発表

河野外務大臣とムハンマド・サウジアラビア王国皇太子との電話会談

平成29年8月4日

英語版 (English)

  1.  本4日,午後8時から約10分間,河野太郎外務大臣は,ムハンマド・ビン・サルマン・ビン・アブドルアジーズ・アール・サウード・サウジアラビア王国皇太子兼副首相(H.R.H. Prince Mohammed bin Salman bin Abdulaziz Al Saud, Crown Prince and Deputy Prime Minister of the Kingdom of Saudi Arabia)との間で電話会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

    1 冒頭,ムハンマド皇太子から河野大臣に対し,大臣就任に対する祝意が示されました。これに対し,河野大臣からは,ムハンマド皇太子の皇太子就任に祝意を表しつつ,両国の戦略的パートナーシップを一層強化したい旨述べました。

    2 これに対し,ムハンマド皇太子は,日本とサウジアラビアはお互いに政治及び経済的に重要なパートナーであり,河野大臣とともに両国関係発展のために働いていけることを嬉しく思う旨述べました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る