報道発表

米国のパリ協定脱退表明を受けた我が国のステートメントの発出
(パリ協定の実施に向けての日本の強固な意思)

平成29年6月2日

英語版 (English)

  1.  2日,我が国は,米国によるパリ協定からの脱退表明を受け,以下のようなステートメントを発表しました。

    1 気候変動問題は国際社会全体が取り組むべきグローバルな課題である。我が国は,先進国がリーダーシップを発揮し,パリ協定を着実に実施していくことが重要であると考える。

    2 我が国としては,パリ協定の枠内で米国と協力を重ねたいと考えていたところ,今般米国のトランプ政権がパリ協定からの脱退を表明したことは残念である。

    3 他方,米国は引き続き世界第2位の温室効果ガス排出国であるとともに,環境分野等においてイノベーションを通じた様々な先進的な技術の導入や取り組み等を行ってきている国でもある。我が国としては,気候変動問題に対処するために米国と協力していく方法を探求するとともに,パリ協定の締約国と同協定の着実な実施を進めることを通じ,この問題に積極的に取り組んでいく。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る