報道発表

薗浦外務副大臣とソン・ベトナム外務次官のワーキングランチ

平成29年5月22日

  1. 1 本22日(現地時間同日),ベトナムを訪問中の薗浦健太郎外務副大臣は,ブイ・タイン・ソン・ベトナム社会主義共和国外務次官(H.E.Mr.Bui Thanh Son, Deputy Minister of Foreign Affairs of the Socialist Republic of Viet Nam)とワーキングランチを実施しました。

    2 薗浦副大臣は,両国の「広範な戦略的パートナーシップ」の下,あらゆる分野の協力関係を拡大し,明年の日ベトナム外交関係樹立45周年に向け,国民間の相互理解を一層強化したい旨述べました。ソン外務次官からは,本年春に天皇皇后両陛下をベトナムにお迎えしたことは,両国関係の更なる発展に向けた節目になったこと,更に本年6月に予定されるグエン・スアン・フック・ベトナム社会主義共和国首相(H.E. Mr. Nguyen Xuan Phuc, Prime Minister of the Socialist Republic of Viet Nam)の訪日を経て,あらゆる分野における具体的な協力を推進していきたい旨述べました。

    3 二国間経済関係に関し,薗浦副大臣より,日本人に対する商用数次査証の発給基準緩和に関する働きかけを含め,投資環境整備の要請等を行いました。双方は,その他,二国間経済関係強化に向けた意見交換を行いました。

    4 また,双方は,地域国際情勢についても議論を行い,南シナ海問題に対する深刻な懸念を共有しました。薗浦副大臣は,北朝鮮問題に関し,昨日の北朝鮮によるミサイル発射別ウィンドウで開くにも触れつつ,安保理決議の実効性の確保や拉致問題の解決等に向け,ベトナムと連携したい旨述べました。

    5 更に,双方は,ハノイで開催されたAPEC貿易担当大臣会合及び環太平洋パートナーシップ(TPP)閣僚会合の成果や今後の連携についても議論を行いました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る