報道発表

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」及び「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」の
世界遺産推薦に係る推薦書(正式版)のユネスコへの提出

平成29年1月19日

  1.  本19日,外務省において世界遺産条約関係省庁連絡会議を開催し,我が国として「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(通称:世界遺産条約)に基づく「世界遺産一覧表」への記載に向け,「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」及び「奄美大島,徳之島,沖縄島北部及び西表島」について,本年2月1日までに推薦書(正式版)を世界遺産条約の事務局であるユネスコ世界遺産センターへ提出することにつき閣議了解を求める旨を決定しました。

    (参考)「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」及び「奄美大島,徳之島,沖縄島北部及び西表島」推薦書提出に係る今後の予定

    2017年1月20日 推薦書(正式版)の閣議了解
    2月1日まで ユネスコ世界遺産センターへ推薦書(正式版)を提出。
    7月~9月頃 諮問機関による現地調査。
    2018年5月頃 諮問機関による評価結果の勧告。
    7月頃 第42回世界遺産委員会において審議

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る