報道発表

ミャンマーに対する円借款の供与(事前通報)

平成28年11月2日

英語版 (English)

  1. 1 本2日,安倍晋三内閣総理大臣とアウン・サン・スー・チー・ミャンマー国家最高顧問(H.E.Ms. Aung San Suu Kyi, State Counsellor)との会談において,「水力発電所改修計画」の円借款の供与(供与限度額107億8,700万円)に関する事前通報を行いました。今回の事前通報を踏まえ,今後,我が国とミャンマー政府との間で,円借款の供与に関する交換公文を締結する予定です。

    2  対象案件の概要「水力発電所改修計画」案件位置図(PDF)別ウィンドウで開く
     この計画は,老朽化したバルーチャン第一水力発電所及びセダウジ水力発電所の発電機器等の改修を行うものです。この計画の実施により,ミャンマー国内の電力供給の安定化,経済・社会開発の促進及びミャンマー国民の生活向上に寄与することが期待されます。

    3 供与条件

    (1)金利年0.01%
    (2)償還期間40年(10年の据置期間を含む。)
    (3)調達条件一般アンタイド

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る