報道発表

薗浦外務副大臣の大浦天主堂視察

平成28年8月9日

  1. 1 本9日,薗浦健太郎外務副大臣は,被爆71周年長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典に参列後,本年7月に文化審議会(世界文化遺産・無形文化遺産部会)においてユネスコ世界文化遺産の推薦候補に選定された「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」の構成資産である,長崎市の大浦天主堂を視察しました。

    2 薗浦副大臣は,濵本磨毅穂長崎県副知事,里見晋同副知事等とも意見交換を行い,大浦天主堂の世界遺産登録を目指すプロセスが,文化遺産の保護促進とともに,日本文化の魅力の対外発信や地方創生につながることを期待する旨伝達しました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る