報道発表

モザンビークに対する無償資金協力に関する書簡の交換

平成28年7月21日

  1. 1 7月20日(現地時間同日),モザンビークの首都マプト市において,我が方水谷章駐モザンビーク大使と先方ニェレティ・ブルーク・モンドラーネ外務協力副大臣(Her Excellency Dr. Nyeleti Brook Mondlane, Deputy Minister of Foreign Affairs and Cooperation)との間で,2013年6月14日署名済みの無償資金協力「イレ-クアンバ間道路橋梁整備計画」(38億500万円)につき,洪水による被災のため,贈与の限度額を50億4,100万円に変更することに関する書簡の交換が行われました。

    2 この協力は,モザンビーク北部のザンベジア州イレ/ナンペボとニアサ州クアンバ間の国道103号線上の13橋梁を整備し,同国の回廊開発を含む地域経済活性化に寄与するものです。

    3 対象路線の国道103号線は,国土を縦断する大動脈の国道1号線とモザンビーク北部のナカラ回廊西部を結ぶ,同国の物流上重要な路線です。しかしながら,道路線上にある橋梁は老朽化が著しいなど整備が不十分であるため,物流を阻害する要因になっています。この協力により,移動時間の短縮や交通量の増加が期待されます。2015年1月に発生した大規模な洪水により工事現場が被災するなどしたことにより,当初供与した金額により完成することが困難となったため,今回追加贈与を実施するものです。

    4 なお,この協力は,TICAD Vにおいて我が国が表明した「インフラ分野における6,500億円の公的資金の投入」(PDF)別ウィンドウで開くの公約を具体化するものです。

    (参考)モザンビーク共和国基礎データ
     モザンビーク共和国はアフリカ東岸に位置し,面積約79.9万平方キロメートル(日本の約2倍,人口は約2,722万人(世銀,2014年),一人当たりGNI(国民総所得)は620米ドル(世銀,2014年)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る