報道発表

中根外務大臣政務官とウィッ・ボリット・カンボジア外務国際協力省長官との会談(結果)

平成27年4月20日

  • 中根外務大臣政務官とウィッ・ボリット・カンボジア外務国際協力省長官との会談
  1.  本20日正午(現地時間同日午前10時)から約20分間、アジア・アフリカ会議60周年記念閣僚会議に出席するためインドネシア・ジャカルタを訪問中の中根一幸外務大臣政務官は,ウィッ・ボリット外務国際協力省長官(H.E.Mr. Ouch Borith, Secretary of State, Ministry of Foreign Affairs and International Cooperation)と会談したところ,概要は以下のとおりです。

    1 冒頭発言
     中根政務官から,1月の自身のカンボジア訪問及び3月の第3回国連防災世界会議の際の日カンボジア首脳会談に触れつつ,日カンボジア友好条約署名60周年の本年,両国の「戦略的パートナーシップ」を一層強化したい旨述べました。
     これに対し,ウイッ・ボリット長官より,中根政務官のカンボジア訪問は素晴らしい成果を上げた,そのような意義深い本年に,要人往来を通じて両国関係を強化することの重要性に同意する旨述べました。

    2 日メコン首脳会議
     中根政務官から,本年7月には,フン・セン首相の出席を得て日メコン首脳会議を東京で開催する,本年末のASEAN共同体発足をひかえ,日本メコン協力の新戦略策定に向け,カンボジアの積極的な参画を期待する旨述べました。

    3 平和構築ハイレベル・セミナー
     中根政務官から,我が国は,今後も国際協調主義に基づく「積極的平和主義」の下,世界の平和と安定に貢献していく,カンボジアは我が国の平和構築貢献の原点であり,本年6月に東京で開催するアジアの平和構築等に関するハイレベル・セミナーでは,ウイッ・ボリット長官の御出席を期待する、カンボジアの経験を国際社会と共有したい旨述べました。
     これに対し,ウイッ・ボリット長官より,本件セミナーに喜んで出席する旨述べました。

    4 選挙改革
     中根政務官から,カンボジアの選挙改革に関して,新国家選挙管理委員会の発足を歓迎する,貴国が幅広い国民からの信頼を得て選挙改革に取り組むことを期待する,専門家の派遣等を通じ改革を最大限支援していきたい旨述べました。

    5 経済協力他
     中根政務官から,両国間協力のシンボルとも言える「つばさ橋」(ネアックルン橋)の開通を祝福する,橋の開通がカンボジア及びメコン地域全体の更なる発展に貢献するものと確信する旨述べました。
     このほか,中根政務官からは,新たにカンポット州の上水道分野の協力を行う予定であること,また,近くカンボジア外務国際協力省から2名の職員を日本外務省にインターンとして受け入れることにつき伝えました。
     これに対し,ウィッ・ボリット長官より,「つばさ橋」の開通は,両国の友好関係を一層強化するもので意義深く,カンボジア国民は大変喜んでおり,先週のクメール正月には多くの国民が「つばさ橋」を見に行った,日本政府・国民に心より感謝したい旨述べました。

    6 地域・国際協力
     中根政務官から,カンボジアのASEAN対日調整国(2012年7月~2015年8月)としての協力に謝意を表明すると共に,国連創設70周年の本年,安保理改革について具体的成果を得たいと述べました。
     ウィッ・ボリット長官は,フン・セン首相は日本の安保理常任理事国入りへの支持を明確に述べている、また安保理改革への取組を引き続き支持している旨述べました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る