報道発表

中山外務副大臣のサイバー空間に関するハーグ会議出席

平成27年4月14日

  1. 1 中山泰秀外務副大臣は,4月16日から17日まで,オランダのハーグで開催される「サイバー空間に関するハーグ会議」に出席するため,同地を訪問します。

    2 この会議は,いわゆる「ロンドンプロセス」の一環であり,各国政府のみならず,国際・地域機関,NGO,民間企業等(マルチステークホルダー)がサイバー分野の様々な側面について議論を行う場として,これまでに,ロンドン会議,ブダペスト会議,ソウル会議が開催されてきました。

    3 4回目となる今回のハーグ会議では,(1)喫緊の課題への実際的な対応,(2)キャパシティ・ビルディング支援と知見共有の促進,(3)責任ある行動のための規範の確立,を目標として議論が進められる予定です。

    4 中山副大臣は,日本政府を代表して,サイバー分野における我が国の外交政策について発言を行う他,出席する各国の要人等と個別の会談を行う予定です。

    【参考1】中山副大臣の日程概要

    4月15日 羽田発
     ハーグ着
    16日 サイバー空間に関するハーグ会議出席
    17日 ハーグ発
    18日 羽田着

    【参考2】「ロンドンプロセス」の概要

    1 ロンドン会議(2011年)60か国,約700名が参加。山根副大臣が出席。
    2 ブダペスト会議(2012年)60か国,約600名が参加。サイバー担当大使が出席。
    3 ソウル会議(2013年)87か国,約1600名が参加。三ツ矢副大臣が出席。
    4 ハーグ会議(2015年)約100か国,約1600名が参加予定。中山副大臣が出席予定。

    (注)日本政府からは,内閣官房情報セキュリティーセンター(NISC),警察庁,総務省,経産省,防衛省等の関係者が出席。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る