報道発表

ネラー米海兵隊総司令官による河野外務大臣表敬

平成31年3月26日

  • ネラー米海兵隊総司令官と河野外務大臣との握手
  • ネラー米海兵隊総司令官による河野外務大臣表敬

 本26日午後4時20分から約20分間,河野太郎外務大臣は,訪日中のロバート・ネラー米海兵隊総司令官(海兵隊大将)(General Robert B. Neller, Commandant of the Marine Corps)による表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。

    1.  冒頭,河野大臣から,ネラー総司令官が3月23日に行われた日米硫黄島戦没者合同慰霊追悼顕彰式に出席したことに触れつつ,同総司令官の平素からの日米同盟に対する貢献に対して謝意を表すとともに,日米同盟の対処力及び抑止力の一層の強化に向けて引き続き連携していきたい旨述べました。これに対し,ネラー総司令官から,硫黄島における追悼顕彰式では日米両国の和解と相互尊重の精神を目にすることができた,先ほど安倍総理とも有意義な意見交換を行ったところであり,地域の安全の確保に向けて引き続き取り組んでいきたい旨述べました。
    2.  続けて,双方は,日米安保・防衛協力や地域情勢について幅広く意見交換を行い,引き続き日米両国の緊密な連携が重要であることで一致しました。
    3.  また,双方は,普天間飛行場の辺野古移設を含む在日米軍再編を着実に進展させることが重要であることを確認するとともに,日米同盟への地元の理解の増進や在日米軍の安定的駐留のために協力していくことで一致しました。この中で,河野大臣から,「アメリカで沖縄の未来を考える」(TOFU)プログラムや,英語教育の推進に関する取組について紹介し,双方は,更なる協力を進めていくことで一致しました。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る