外務大臣談話

国連平和維持要員の国際デーに際して
(外務大臣談話)

平成30年5月29日

英語版 (English)

1 本29日の国連平和維持要員の国際デーに際し,国際社会の平和と安全に献身している全ての国連平和維持要員の方々に敬意を表します。また,国連平和維持活動が始まってから70年の間に,多くの方が犠牲になられました。ここに改めて哀悼の意を表します。

2 我が国は,1992年以来27のミッションに12,500人以上の要員を派遣してきました。現在は,国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)へ司令部要員を派遣中であり,またアフリカなどをはじめとする要員派遣国の能力構築支援を実施しています。

3 我が国はグテーレス事務総長が推進する国連平和維持活動を含む様々な改革の努力を支持しており,今後も「積極的平和主義」の旗の下,国連平和維持活動に積極的に貢献していきます。

(参考)国連平和維持要員の国際デー
 国連は,1948年5月29日に最初の国連平和維持活動(国連休戦監視機構:UNTSO)が発足したことを踏まえ,5月29日を国連平和維持要員の国際デー(International Day of United Nations Peacekeepers)と定め,例年,同日(またはその前後に),国連本部にて殉職した平和維持要員を悼む式典を実施している。


このページのトップへ戻る
外務大臣談話へ戻る