外務大臣談話

北朝鮮による核実験及び弾道ミサイル発射に関する国連安保理決議の採択について(外務大臣談話)

平成28年3月3日

英語版 (English)

1 3月3日未明(現地時間2日午前),ニューヨークの国連安全保障理事会が,決議第2270号を全会一致で採択したことを高く評価します。我が国は安保理理事国として,断固たる強い決議の採択に向けて関係国とあらゆるレベルで緊密に協議してきました。今般の安保理決議の採択は,我が国をはじめとする各国による独自の措置とあいまって,国際社会が一致して北朝鮮に対する断固たる姿勢を示すものとして歓迎します。

2 決議第2270号は,北朝鮮による1月6日の核実験及び2月7日の弾道ミサイル発射を安保理決議違反と認定し,強く非難するとともに,貿易,金融,人の往来,航空・海上輸送等に関する措置の大幅な追加・強化を定めており,包括的かつ強い内容のものとなりました。我が国としては,この決議の実効性を確保するため,他の国連加盟国とも緊密に連携し適切に対応していく考えです。

3 我が国は北朝鮮に対し,国際社会が繰り返し示している強い警告と非難を真摯に受け止め,今般採択された決議第2270号をはじめとする一連の安保理決議を誠実かつ完全に実施し,更なる核実験や弾道ミサイル発射等の挑発行動を決して行わず,非核化に向けた前向きな行動をとるよう改めて強く求めます。

4 今後も,我が国としては,「対話と圧力」,「行動対行動」という一貫した方針の下,拉致,核,ミサイルといった北朝鮮をめぐる諸懸案の包括的解決に向けて,米韓両国をはじめとする国際社会と緊密に連携し,引き続き積極的に取り組んでいく考えです。拉致問題については,その解決に向けた対話を継続し,一日も早い全ての拉致被害者の帰国を実現すべく,全力を尽くしていく所存です。


このページのトップへ戻る
外務大臣談話へ戻る