ポップカルチャー外交

第9回国際漫画賞授賞式

平成28年3月7日

 2月26日,飯倉公館にて第9回国際漫画賞授賞式及びレセプションが開催されました。

 「国際漫画賞」は,外務省が,海外で漫画文化の普及に貢献する漫画家を顕彰するもので,2007年に麻生太郎外務大臣(当時)が創設した賞です。第9回目を迎える今回は46の国・地域から259作品の応募があり,最優秀賞1作品(イスラエル),優秀賞3作品(台湾2作品,ベトナム1作品),入賞10作品(タイ,ウクライナ,台湾,ロシア,中国,コートジボワール)が選ばれました。

 授賞式では,最優秀賞及び優秀賞の受賞者の皆様に対し,実行委員長である岸田文雄外務大臣の代理として山田美樹外務政務官から賞状が,里中満智子審査委員長(漫画家)からトロフィーが授与されました。山田政務官は「私どもは,多様な漫画の世界と価値を世界の人々にもっと知って欲しいと考えており,歴代の受賞者の方々には,漫画文化の伝道師として,日本の友人として世界各地でご活躍頂いています」と述べました。また,里中満智子審査委員長が講評を行い,「漫画は国境を越えて感動を与えることができます。作者の国籍は読み手には関係なく,自国だけでなく世界に向けて発信しているつもりでいてください。」と述べました。

  • 山田政務官と最優秀賞受賞者イスラエル
  • 山田政務官(右端),里中審査委員長(左端),

 授賞式には,審査委員の倉田よしみ氏,志賀公江氏,廣田晃氏,藤田力氏,実行委員の白石さや氏,杉山恒太郎氏,安藤裕康 独立行政法人国際交流基金理事長,そして,サンフランシスコから来日したフレデリック・L・ショット氏をはじめ,国会議員,著名な漫画家,出版関係者,文化関係者等が多数出席し,授賞式後に続いて行われたレセプションでは,受賞者との交流が行われました。

  • レセプションでの山田政務官乾杯挨拶

 受賞者は,独立行政法人国際交流基金の招聘プログラムで来日し,授賞式への出席のほか,出版社,アニメーションスタジオ,漫画関係ミュージアムなど日本滞在を満喫しました。


このページのトップへ戻る
ポップカルチャー外交へ戻る