その他

マキオン米国下院議員(下院軍事委員長)一行による菅官房長官への表敬(概要)

平成26年8月11日

 本11日午前8時から約1時間,菅義偉内閣官房長官は,訪日中のマキオン米国下院議員(下院軍事委員長)(Mr. Howard P. “Buck” McKeon, Chairman of the House Armed Service Committee, United States House of Representatives)一行の表敬を受けました。概要は以下のとおりです。

1 菅官房長官から,一行の訪日を歓迎し,日米同盟は我が国の外交・安全保障政策の基軸であること,アジア太平洋地域の安全保障政策が一層厳しさを増す中,日米同盟の重要性が高まっており,様々な政策課題について,引き続き日米で緊密に連携したい旨述べました。

2 また,菅官房長官から,我が国の安全保障政策について,7月1日の閣議決定を含め,国際協調主義に基づく「積極的平和主義」の下での政府のこれまでの取組を説明し,これらを日米同盟強化にもつなげていきたい旨述べました。これに対し,マキオン軍事委員長からは,日本のこうした取組を強く支持する旨発言がありました。

3 さらに,菅官房長官から,普天間飛行場の移設を含む在日米軍再編について引き続き強い決意を持って進めていく旨述べるとともに,在沖縄海兵隊のグアム移転について,適切な予算確保と資金凍結解除が行われるよう,米国議会の協力を要請しました。

4 このほか,中国,朝鮮半島情勢等の地域情勢についても意見交換が行われました。


このページのトップへ戻る
その他へ戻る