サウジアラビア王国

日・サウジアラビア首脳会談

令和2年1月12日

  • 歓迎行事
    (写真提供:内閣広報室)
  • 歓迎行事
    (写真提供:内閣広報室)
  • 歓迎行事
    (写真提供:内閣広報室)

 1月12日,午後2時5分(現地時間)から約30分間,サウジアラビア王国を訪問中の安倍晋三内閣総理大臣は,ヤマーマ宮殿にて,二聖モスクの守護者サルマン・ビン・アブドルアジーズ・アール・サウード・サウジアラビア王国国王(Custodian of the Two Holy Mosques, H.M. Salman bin Abdulaziz Al-Saud, King of the Kingdom of Saudi Arabia)主催の午餐会に出席した後,午後2時37分(現地時間)から約40分間,首脳会談を行ったところ,会談の概要は以下のとおりです。なお,会談には,日本側から岡田直樹内閣官房副長官,木原稔内閣総理大臣補佐官ほかが,サウジ側からファイサル・リヤド州知事,アブドルアズィーズ・エネルギー大臣,ファイサル外務大臣ほかが同席しました。

  • 画像1
    歓迎行事
    (写真提供:内閣広報室)
  • 画像2
    サルマン国王と懇談する安倍総理大臣
    (写真提供:内閣広報室)
  • 画像2
    日・サウジアラビア首脳会談
    (写真提供:内閣広報室)

1 冒頭,安倍総理から,サウジ側の心温まるおもてなしへの謝意を述べました。これに対し,サルマン国王から,安倍総理をお迎えでき喜ばしい,あらゆる分野で日本との協力が強化されていることを嬉しく思う,エネルギーのみならず多くの分野で日本と戦略的パートナーシップが深化していくことを期待している旨発言がありました。

2 安倍総理から,本年はサウジでG20リヤド・サミット,日本で東京オリンピック・パラリンピックが開催別ウィンドウで開くされる歴史的な年であり,緊密に協力して成功させたい旨述べ,両首脳は協力して,これらの国際的な行事を成功させることで一致しました。

3 安倍総理から,日本は地域の安定に不可欠なサウジの改革を高く評価し,エネルギーを超えた幅広い分野で,「日・サウジ・ビジョン2030(英文)(PDF)別ウィンドウで開く」を通じた協力を加速化させ,これらを通じ,改革を全面的に支援する旨述べました。これに対し,サルマン国王から,改革を進める上で日本は重要なパートナーである旨発言があり,両首脳は引き続き協力を進展させていくことを確認しました。

4 両首脳は中東情勢に関しても意見交換を行いました。

このページのトップへ戻る
サウジアラビア王国へ戻る