サウジアラビア王国

河野外務大臣のサルマン・サウジアラビア王国国王への表敬

平成31年4月28日

  • (写真1)サルマン・サウジアラビア王国国王と握手する河野外務大臣
  • (写真2)河野太郎外務大臣のサルマン・サウジアラビア王国国王への表敬

 本28日,午前11時10分頃(現地時間,日本時間17時10分頃)から約15分間,河野太郎外務大臣は,訪問中のサウジアラビア王国・リヤドにおいて,サルマン・ビン・アブドルアジーズ・アール・サウード・サウジアラビア王国国王 (Custodian of the Two Holy Mosques King Salman Bin Abdulaziz Al-Saud, King of the Kingdom of Saudi Arabia)を表敬したところ,概要は以下のとおりです。

  1. 冒頭,河野大臣から,外務大臣就任以後,2度目のサウジアラビア訪問となるが,前回訪問に続き,国王陛下への拝謁機会を頂いたことに心から感謝する,サウジアラビアからの原油の安定供給に感謝する,日本はサウジアラビアとの揺るぎない戦略的パートナーシップの下,「サウジ・ビジョン2030」の成功のため協力を惜しまず,今後も,官民をあげて「日・サウジ・ビジョン2030」を強力に推進していく旨述べました。これに対し,サルマン国王から,河野大臣のサウジアラビア再訪に歓迎の意が示されると共に,日本は長年の友好国であり,戦略的パートナーシップの下,あらゆる分野で両国関係が発展していくことを期待する旨述べ,日本企業のサウジアラビア市場への更なる進出への期待と,「日・サウジ・ビジョン2030」を通じて両国の協力関係が深化することへの期待が示されました。
  2. また,河野大臣から,日本は本年6月のG20大阪サミットを主催することに言及しつつ,日本は次期議長国であるサウジアラビアと緊密に協力し,来年のサウジアラビアにおけるG20リヤド・サミットの成功にも,全面的に協力したい旨述べました。これに対し,サルマン国王から,日本と喜んで協力していきたい旨述べました。
  3. 両者は,政治・経済等の分野での二国間関係強化のための方策や地域情勢についても意見交換を行いました。

このページのトップへ戻る
サウジアラビア王国へ戻る