バーレーン王国

河野外務大臣のサルマン・バーレーン王国皇太子への表敬

平成29年12月9日

  • 河野外務大臣のサルマン・バーレーン王国皇太子への表敬1
  • 河野外務大臣のサルマン・バーレーン王国皇太子への表敬2
  • 河野外務大臣のサルマン・バーレーン王国皇太子への表敬3

 本9日(土曜日),午後5時30分(現地時間)から約25分間,河野太郎外務大臣は,訪問中のバーレーン・マナーマにおいて,サルマン・ビン・ハマド・アール・ハリーファ・バーレーン王国皇太子兼第一副首相(H.R.H. Prince Salman bin Hamad Al Khalifa, Crown Prince and First Deputy Prime Minister of the Kingdom of Bahrain)に表敬したところ,概要は以下のとおりです。

1 冒頭,サルマン皇太子から,2013年の訪日の際の思い出を述べられました。両者はハイレベルの交流を継続する重要性につき一致しました。

2 両者は,経済分野を含む様々な分野で二国間関係をさらに強化することで一致しました。

3 また,両者は,北朝鮮情勢,エルサレム問題およびカタール問題について意見交換を行いました。


このページのトップへ戻る
バーレーン王国へ戻る