ヨルダン・ハシェミット王国

日ヨルダン両首脳と経済ミッションを交えたワーキングランチ

平成30年5月1日

 本1日(火曜日)12時55分(現地時間,日本時間1日(火曜日)18時55分)から約40分間,ヨルダンを訪問中の安倍晋三内閣総理大臣は,アブドッラー2世・イブン・アル・フセイン・ヨルダン・ハシェミット王国国王陛下(His Majesty King Abdullah II Ibn Al Hussein, King of the Hashemite Kingdom of Jordan)と共に,経済ミッションを交えたワーキングランチに出席しました。概要は以下のとおりです。

 安倍総理から,経済分野において両国の具体的な協力が進展していることに言及するとともに,今後,伝統的な大企業から新興企業にいたるまで,幅広い分野の日本企業が担い手となって,両国間の経済関係が更に進展するよう期待する旨述べました。これに対し,アブドッラー国王から,これまでの日本企業のヨルダンにおける活動に言及するとともに,日本企業の活動拡大を期待する旨発言がありました。また,参加した両国の企業関係者により,それぞれの事業や取組についての紹介や活発な意見交換が行われました。


このページのトップへ戻る
ヨルダン・ハシェミット王国へ戻る