その他

菅官房長官とフローマン米国通商代表の会談

平成25年8月19日

 本19日午前11時から約30分間,菅義偉官房長官は,マイケル・フローマン米国通商代表(Ambassador Michael Froman, United States Trade Representative)と会談したところ,概要は以下のとおりです(日本側はTPP政府対策本部鶴岡首席交渉官,外務省森経済外交担当大使他,米国側はカトラー次席通商代表代行他が同席)。

1.冒頭,菅官房長官から,フローマン通商代表の来日を歓迎し,世界の平和と安全にとって,日米両国が,アジア太平洋において種々連携して取り組んでいくことが重要である旨述べました。これに対し,フローマン通商代表から,環太平洋パートナーシップ(TPP)やその他の課題について,菅官房長官と協働していくことを楽しみにしている旨述べました。

2.TPP協定に関して,菅官房長官とフローマン通商代表は,TPPはアジア太平洋地域における今後の繁栄を実現するための極めて重要な枠組みであり,包括的で高い水準の協定という目標を本年中に達成できるよう,TPP交渉において両国で連携していくことを確認しました。

3.また,今月初めに第1回会合が開催された,自動車貿易及び非関税措置に関する日米並行交渉について,菅官房長官とフローマン通商代表は,第1回会合において建設的な議論が行われたこと,この重要な交渉を今後もTPP交渉と並行して継続していくことを確認しました。

(参考)自動車貿易及び非関税措置に関する日米並行交渉について
本件並行交渉は,我が国のTPP交渉参加に関する日米協議の結果,TPP交渉と並行して行うことが決定されたもの。
8月7日~9日に開始された第1回会合には,我が国から森健良外務省経済外交担当大使を首席代表とする関係省庁の代表が,また米側からウェンディ・カトラー(Ms. Wendy Cutler)米国次席通商代表代行を首席代表とする代表団が,それぞれ出席した。

このページのトップへ戻る
その他へ戻る