持続可能な開発のための2030アジェンダ

チャム・教育のためのグローバル・パートナーシップ(GPE)副議長による鈴木外務大臣政務官表敬

令和元年8月28日

英語版 (English)

  • チャム・教育のためのグローバル・パートナーシップ(GPE)副議長による鈴木外務大臣政務官表敬の様子
  • チャム・教育のためのグローバル・パートナーシップ(GPE)副議長と握手する鈴木外務大臣政務官
 本28日午後0時から約30分間,鈴木憲和外務大臣政務官は,第7回アフリカ開発会議(TICAD7)に参加のため訪日中のスリニュ・ンバイ・チャム・教育のためのグローバル・パートナーシップ(GPE)副議長(Mr. Serigne Mbaye THIAM,Vice Chair, Global Partnership for Education: GPE)(セネガル水・衛生大臣)の表敬を受けたところ,概要は以下のとおりです。
 
1 鈴木政務官から,「人間の安全保障の理念に基づき,国を挙げてSDGsを推進しており,特に『次世代・女性のエンパワーメント』をSDGs推進の三本柱の一つに掲げている」旨述べた上で,アフリカにおける教育セクターへの支援や女子教育支援といったGPEの取組を評価し,今後,日本の民間企業やNGOとの連携に向けた期待を表明しました。
 
2 これに対し,チャム副議長から,これまでの日本のGPEに対する協力に謝意が示されるとともに,GPEを通じた教育分野における日本のリーダーシップに期待が示され,両者は,日本とGPEの協力関係を促進していくことで一致しました。
 
 [参考] 教育のためのグローバル・パートナーシップ(Global Partnership for Education(GPE))
 GPEは,途上国,ドナー国・機関,市民社会,民間企業・財団が参加し,途上国の教育セクターを支援する国際的なパートナーシップ。G8教育タスク・フォースの提言を受け,2002年に世界銀行主導で設立されたファスト・トラック・イニシアティブ(FTI)から2011年11月に改称。初等教育への支援に焦点を当てつつ,初等教育後の教育支援,就学前教育,女子教育及び紛争影響地域への教育支援を実施。

このページのトップへ戻る
持続可能な開発のための2030アジェンダへ戻る