国際機関を通じた協力

ユネスコ文化遺産保存日本信託基金による実施案件

平成28年8月1日

英語版 (English)

  • (注)主要案件実施場所(改訂中)
番号 遺跡名 概要 期間
1 アンコール遺跡 (カンボジア) 国際調整委員会等国際会議の開催
アンコール保存事務所への技術支援
保存修復事業
王立芸術大学での人材養成プログラム
アンコール碑文研究
1990年~
1992年~1998年
1994年~
1997年~2007年
1997年~2007年
2 交河故城(中国) 保存マスタープラン作成、断崖の浸食/崩壊防止、人材養成 1993年~1998年
3 大明宮含元殿(中国) 保存のためのマスタープラン作成、基壇修復、広報資料作成 1995年~2003年
4 フエ遺跡(ベトナム) フエ都城午門の保存・修復、人材養成 1992年~1995年
5 ワット・プー遺跡(ラオス) マスタープラン作成、人材養成 1996年~1997年
6 バガン遺跡(ミャンマー) 修復のためのマスタープラン作成
遺跡保存水準の改善、人材養成
1994年~1996年
2014年~2016年
7 カトマンドゥ渓谷(ネパール) 崩壊原因調査、保存計画策定
ダルバール広場の文化遺産の復旧・復興
1992年~1997年
2015年~
8 カラコルム遺跡(モンゴル) 地図作成等の遺跡及びその周辺調査、遺跡範囲の確定 1995年~1998年
9 モヘンジョダロ遺跡(パキスタン) 人材養成、広報活動強化修復、研究所の設備改善、 1992年~1997年
10 ガンダーラ仏教遺跡 (パキスタン) 保存修復パイロット・プロジェクト実施、人材養成、分布調査 1993年~2008年
11 パハルプール僧院遺跡(バングラデシュ) 人材養成、破壊原因の調査、保存修復計画の策定 1992年~1997年
12 バゲールハット都市遺跡(バングラデシュ) 人材養成、破壊原因調査 1992年~1997年
13 サンチ及びサットダラ仏教遺跡(インド) 航空写真による地図作成、植林/灌漑、僧院等の修復 1994年~1999年
14 マルワッタ僧院遺跡(スリランカ) 測量図作成、僧院等の修復 1990年~1996年
15 ヌビア遺跡(エジプト) ユネスコのヌビア遺跡救済・博物館建設キャンペーンへの拠出 1988年~1989年
16 チョーガ・ザンビル(イラン) 劣化原因調査、修復計画の作成、雛壇式神殿の一部修復 1998年~2010年
17 プロボタ修道院(ルーマニア) 修道院及びフレスコ画の修復 1996年~2001年
18 クントゥル・ワシ遺跡(ペルー) 神殿の基壇、石造階段の保存修復、石彫の保存処置 2000年~2005年
19 ファヤーズ・テパ遺跡(ウズベキスタン) 遺構の保存処理、部分的覆屋の設置、ストゥーパの修復 2000年~2006年
20 イースター島モアイ像(チリ) 劣化原因調査、保存修復パイロット・プロジェクト実施、人材養成 2002年~2006年
21 アメンヘテプ3世王墓壁画(エジプト) 壁画の修復、人材育成 2002年~2005年
2009年~2013年
22 アボメイ王宮(ベナン) 王宮内建物の修復、人材育成 2002年~2005年
23 オトラール遺跡(カザフスタン) データ収集、人材育成、マスタープランの策定、保存 2001年~2005年
24 クムトラ千仏洞(中国) データ収集、実験・調査、マスタープラン・保存計画の策定 2001年~2009年
25 龍門石窟(中国) データ収集、実験・調査、人材育成 2001年~2009年
26 バーミヤン遺跡(アフガニスタン) 壁画保存、マスタープランの策定、東大仏仏龕の固定、西大仏龕奥壁の安定化 2003年~
27 プロブディフ歴史地区(ブルガリア) 歴史地区内の家屋の調査・修復、人材育成 2003年~2006年
28 クラスナヤ・レーチカ遺跡(キルギスタン) データ収集、調査、保存計画策定、緊急保存措置 2003年~2006年
29 サン・セバスチャン砦(モザンビーク) 予備的調査、保存・修復、人材育成 2003年~2009年
30 イラク国立博物館(イラク) 修復ラボラトリーの再建、人材育成 2004年~2011年
31 バム城塞遺跡(イラン) 専門家ミッションの派遣、能力向上トレーニング 2004年~2009年
32 アジナ・テパ遺跡(タジキスタン) 科学的調査、マスタープラン、ストゥーパ保存 2005年~2008年
33 ティワナク遺跡(ボリビア) 管理計画の策定、人材育成(保存管理、発掘技術等) 2008年~
34 タンロン遺跡(ベトナム) 価値評価学術的支援、保存措置支援、マネージメント・プラン準備支援 2010年~2013年
35 ルンビニ遺跡(ネパール) 建造物等保存措置、考古学調査、統合的マスタープラン策定、管理プロセスのレビュー、専門家育成 2010年~
36 シルクロード世界遺産推薦ドキュメンテーション支援(カザフスタン、キルギス、タジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタン) 遺跡におけるドキュメンテーション実地訓練・人材育成 2010年~
37 メコン地域世界遺産サイト博物館支援事業(カンボジア、ラオス、ベトナム) 理論及びフィールド研修実施、博物館改善、人材育成 2011年~2015年
38 小島嶼開発途上国における世界遺産サイト保護支援(カーボヴェルデ、サントメ・プリンシペ、コモロ、モーリシャス、セーシェル、モルディブ、ミクロネシア、クック諸島、ニウエ、トンガ、ツバル、ナウル、アンティグア・バーブーダ、バハマ、バルバドス、ベリーズ、キューバ、ドミニカ、グレナダ、ガイアナ、ジャマイカ、セントクリストファー・ネーヴィス、セントルシア、セントビンセント・グレナディーン、スリナム、トリニダード・トバコ) 能力形成及び地域共同体の持続可能な開発の強化 2011年~2016年
39 カスビ王墓再建事業(ウガンダ) リスク管理及び火災防止、藁葺き技術調査、能力形成 2013年~
40 ティカル遺跡保存事業(グアテマラ) 北アクロポリスの3Dデータの収集及び登録,人材育成 2016年~
41 南アジア文化的景観支援(ブータン) ワークショップの開催 2016年~
42 カパック・ニャン-アンデス道路網の保存支援事業(アルゼンチン、ボリビア、チリ、コロンビア、エクアドル、ペルー) モニタリングシステムの設置及び実施 2016年~
43 ゴレ島の護岸保護支援(セネガル) ゴレ島南沿岸の緊急対策措置(波止場の再建、世界遺産サイト管理サービスの設置等) 2016年~
44 カスバの保護支援事業(アルジェリア) 専門家会合の開催 2016年
このページのトップへ戻る
国際機関を通じた協力へ戻る