英国(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)

日英外相会談

平成31年4月5日

英語版 (English)

  • 日英外相会談1
  • 日英外相会談2

 現地時間4月5日午後2時40分頃(日本時間同日午後9時40分頃)から約20分間,G7外相会合に出席するためフランス・ディナールを訪問中の河野太郎外務大臣は,ジェレミー・ハント英国外務・英連邦大臣(The Rt Hon Jeremy Hunt MP, Secretary of State for Foreign and Commonwealth Affairs of the United Kingdom)と外相会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

1 二国間協力

(1)両大臣は,日英「2+2」の日程調整を早期に行うことで一致しました。

(2)河野大臣から,英国のインド太平洋地域への継続的かつ更なる関与を歓迎するとともに,両大臣は,自由で開かれたインド太平洋の実現に向けた協力を引き続き強化していくことで一致しました。

2 英国のEU離脱

(1)河野大臣から,日系企業及び世界経済への影響を最小化するためにも「合意なき離脱(PDF)別ウィンドウで開く」は回避すべきである旨述べました。

(2)これに対し,ハント大臣から,事態の解決に向け,全力で取り組んでいる旨の発言がありました。

3 G20/G7

 両大臣は,G20及びG7に向けて,電子商取引やデータ・ガバナンスを含む様々な分野において協力していくことで一致しました。

4 地域情勢

 両大臣は,地域情勢等についても議論を行い,引き続き両国間で緊密に意見交換していくことを確認しました。特に北朝鮮情勢に関し,両大臣は,国連安保理決議の完全な履行の堅持が不可欠であるとの認識で一致しました。


このページのトップへ戻る
英国(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)へ戻る