ベルギー王国

安倍総理大臣夫妻とミシェル首相及びデルボードランギアン女史との夕食会

平成29年7月5日

英語版 (English)

 本5 日,午後8時20分から約70分間,ベルギー訪問中の安倍晋三内閣総理大臣及び昭恵総理夫人は,シャルル・ミシェル・ベルギー首相(Charles Michel, Prime Minister, Kingdom of Belgium)及びデルボードランギアン女史の招待により,エグモン宮にて夕食会を行ったところ,概要は以下のとおりです。

1 両首脳は,昨年の首脳会談に続く再会を祝し,二国間関係を今後とも一層強化していくことを確認しました。

2 両首脳は,保護主義的な動きが見られる中,自由貿易の旗を高く掲げ続けるためにも,日EU・EPAの重要性を再確認するとともに,本日の閣僚間の協議で日EU・EPAの大枠合意が確認されたことを歓迎しました。 その他,北朝鮮のミサイル問題など共通の関心について,率直な意見交換を行いました。


このページのトップへ戻る
ベルギー王国へ戻る