経済外交

岸田外務大臣とマルムストローム欧州委員(貿易担当)との会談(昼食会)

平成29年7月5日

英語版 (English)

  • 岸田外務大臣とマルムストローム欧州委員(貿易担当)との会談(昼食会)1
  • 岸田外務大臣とマルムストローム欧州委員(貿易担当)との会談(昼食会)2

 5日午後12時30分(日本時間19時30分)から約1時間15分,ブリュッセルを訪問中の岸田文雄外務大臣は,セシリア・マルムストローム欧州委員(貿易担当)(Dr. Cecilia Malmström, European Commissioner for Trade)と,昼食を交えつつ日EU経済連携協定(EPA)交渉について協議したところ,概要は以下のとおりです。

1 両者は,日EUが率先して自由貿易の旗を掲げ続けなければならないとの強い使命感を抱きつつ,互いの国内のセンシティビティーに最大限配慮しながら,双方が政治的指導力を発揮し建設的な協議を行いました。

2 両者は,今次会談で最終的な詰めの交渉を行い,6月30日及び7月1日の閣僚会談において詰め切れなかった残る重要な論点を解決し,大枠合意に達成したことを閣僚レベルで確認しました。

3 両者は,閣僚レベルで確認した大枠合意の内容について,6日の日EU定期首脳協議において,首脳レベルでの最終的な確認を目指すことで一致しました。

4 両者は,大枠合意によって,保護主義的な動きのなか,世界に前向きで力強いメッセージを送ることができるとの認識で一致しました。また,双方は,大枠合意の内容は,自由貿易の牽引役である日EUが世界に範を示すに足る,包括的で,レベルの高い,かつバランスの取れたものになったとの認識で一致しました。


このページのトップへ戻る
経済外交へ戻る