科学技術

日米科学技術顧問間の会合

平成28年10月3日

英語版 (English)

 日米両国は,科学的根拠に基づく外交政策の意思決定を支援するため,高級レベルの科学技術顧問の任命等を通じて,双方の外務省に対する科学的助言の提供を促進するための具体的な取組を行ってきた。本10月3日,岸輝雄外務大臣科学技術顧問は,ヴォーン・トレキアン米国国務長官科学技術顧問と面会し,外交政策決定への科学的助言の活用に関し,日米双方の経験とアプローチについて意見交換を行った。両科学技術顧問は,新しい科学技術が外交政策に将来どのような影響をもたらしうるかについて,日米それぞれの科学コミュニティと連携しつつ,より良い理解を得るための方法について議論を行った。また,両科学技術顧問は,他国が外務省において科学的助言を活用していくことをどのように支援していくかについても議論を行った。


このページのトップへ戻る
科学技術へ戻る