ガーナ共和国

日・ガーナ首脳会談

平成28年8月27日

英語版 (English)

 本8月26日17時20分(現地時間。日本時間26日23時20分)から約30分間,第6回アフリカ開発会議(TICADVI)出席のためケニア・ナイロビを訪問中の安倍晋三内閣総理大臣は,ジョン・ドラマニ・マハマ・ガーナ共和国大統領(H.E. Mr. John Dramani Mahama, President of the Republic of Ghana)との間で日・ガーナ首脳会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

1 冒頭,安倍総理から,日本とゆかりの深いマハマ大統領と協力して,5月の大統領訪日以来進展している二国間関係をより発展させたいとしつつ,初めてアフリカで開催される歴史的なTICAD首脳会合を成功に導きたい旨述べました。これに対して,マハマ大統領から,訪日時の歓迎と成果に謝意を示しつつ,TICAD VIへの協力を表明しました。

2 続けて,両首脳は,投資協定の早期妥結,円借款「東部回廊整備計画」の早期実現,さらには,ガーナにおけるユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)(PDF)別ウィンドウで開く関連の取組を進めていくことの重要性につき,見解を共有しました。また,マハマ大統領から,野口医学研究所を通じた日本の保健医療分野への協力を始め日本のODAによる協力を高く評価するところがありました。

3 この他,両首脳は,アフリカの開発や安保理改革を含む国際場裡における協力等に関し,意見交換を行いました。


このページのトップへ戻る
ガーナ共和国へ戻る