中華人民共和国

日中外相会談

平成29年9月21日

英語版 (English)

  • 日中外相会談1
  • 日中外相会談2

 9月21日午後3時45分頃(日本時間22日午前4時45分頃)から約45分間,国連総会ハイレベルウィークに出席するためニューヨーク出張中の河野太郎外務大臣は,王毅中国外交部長との間で,日中外相会談を行ったところ,概要以下のとおり。

1 日中関係全般

(1)双方は,本年9月29日に日中国交正常化45周年を迎えることを共に歓迎し,懸案を適切に処理しながら,更なる関係改善を進め,安定的に関係構築を進めていくことで一致した。

(2)双方は,今後の首脳往来の実現も念頭に,両国間の首脳・外相間の緊密な意思疎通が重要であるとの観点から,当面の主要外交日程について意見交換を行った。日中韓サミットについて,河野大臣から,年内に日本で開催したい旨述べ,今後,具体的に調整していくことで一致した。

(3)その中で,河野大臣から,早期に訪中したい旨述べ,王部長から,歓迎する旨の発言があり,今後,具体的に調整していくことで一致した。

(4)双方は,経済面での幅広い協力を進めていくことで一致し,日中の幅広い協力の一環として「連結性強化」を位置づけ,「一帯一路」を含め,議論していくことで一致した。

(5)双方は,日中戦略対話,日中安保対話を含め,外交当局間の協議を強化していくことの重要性を確認した。

(6)邦人拘束事案について,河野大臣から改めて提起し,前向きな対応を求めた。

2 北朝鮮

(1)河野大臣から,国際社会が一致して,従来にない新たな圧力を北朝鮮にかける必要がある旨を強調し,極めて重要な役割を有する中国が責任ある建設的な対応をとるよう,強く働きかけた。

(2)両外相は,朝鮮半島の非核化は日中両国の共通目標であること,関連する全ての国連安保理決議を完全に履行することが重要であること,地域の平和と安定のため,日中間で引き続き緊密に連携していくことを確認した。


このページのトップへ戻る
中華人民共和国へ戻る