ブータン王国

河野外務大臣によるツェリン・トブゲー・ブータン王国首相表敬

平成30年6月23日

  • 河野外務大臣によるツェリン・トブゲー・ブータン王国首相表敬1
  • 河野外務大臣によるツェリン・トブゲー・ブータン王国首相表敬2

 本23日(土曜日),ブータンを訪問中の河野外務大臣は,15時31分(現地時間)から約45分間,ツェリン・トブゲー・ブータン王国首相(H.E. Dasho Tshering Tobgay, Prime Minister of the Kingdom of Bhutan)を表敬したところ,概要以下のとおりです。

1 トブゲー首相から,河野大臣の訪問を歓迎する,初めて日本の外務大臣をお迎えすることができ嬉しい旨述べました。これに対し,河野大臣から,皇室・王室の交流を含め,両国の長年の友好関係について言及しつつ,初めて日本の外務大臣としてブータンを訪問し,大磯でトブゲー首相とお会いしたときの約束を実現でき嬉しいと述べました。

2 河野大臣から,日本からブータンへの政府レベルでの経済協力のみならず,今後は,日系企業のブータンへの進出等,民間レベルの貿易投資関係を促進したい旨述べるとともに,今後ブータンでの日本語能力試験に向けた取り組みやパラリンピック指導者の招へい等のスポーツ分野での取組,ブータンの若手行政官等の育成などを通じて,両国の人的交流を促進していきたい旨述べました。

3 トブゲー首相から,これまでの日本からの支援に対する謝意を述べるとともに,今後も引き続き日本からの支援に期待する,人的交流の促進などを通じて,両国関係が一層深化することを期待するとの発言があり,また,安倍総理によるブータン訪問への期待が示されました。

4 両者は,北朝鮮情勢を含む地域情勢や国際情勢について,幅広い意見交換を行い,今後も引き続き緊密に連携していくことで一致しました。


このページのトップへ戻る
ブータン王国へ戻る