報道発表

「瀬取り」対処に際しての日英連携

平成31年4月6日

英語版 (English)

  1. 1 4月5日(現地時間),英国国防省が,「王立海軍艦艇が北朝鮮の制裁回避を確認(Royal Navy vessel identifies evasion of North Korea sanctions)」と題したプレスリリースを発出しました。

    2 上記プレスリリースにおいて言及されている北朝鮮籍タンカー「SAEBYOL(セビョル)号」による洋上の積替え(いわゆる「瀬取り」)は,我が国海上自衛隊「おうみ」が英海軍フリゲート「モントローズ」と連携して確認した事案であり,国連安保理決議で禁止されている「瀬取り」を実施していたことが強く疑われます。

    3 我が国は,引き続き,全ての関係国と緊密に協力し,国連安保理決議の実効性を確保する取組を実施していく考えです。

    [参考]「王立海軍艦艇が北朝鮮の制裁回避を確認」(仮訳)(PDF)別ウィンドウで開く


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る