報道発表

高知県沖における米海兵機の墜落事故を受けた
河野外務大臣の弔意メッセージの発出

平成30年12月11日

英語版 (English)

  1.  12月6日未明,高知県室戸岬沖で米海兵隊の航空機F/A-18及びKC-130が墜落する事故が発生し,米軍関係者が亡くなられたことを受け,本11日,河野太郎外務大臣は,マイク・ポンペオ米国国務長官(The Honorable Mike Pompeo,Secretary of State of the United States of America),ジェームズ・マティス米国国防長官(The Honorable James Mattis, Secretary of Defense of the United States of America)及びフィリップ・デービッドソン米インド太平洋軍司令官(Admiral Philip Davidson, Commander, U.S. Indo-Pacific Command)に対し,哀悼とお見舞いの意を表するメッセージを発出しました。

    [参考]
     12月11日,米海兵隊は,6日午前1時42分頃,高知県室戸岬沖で発生した米海兵隊の航空機F/A-18及びKC-130の墜落事故により,搭乗員7名のうち6名が亡くなった旨を発表した。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る