報道発表

河相外務事務次官とバーンズ米国務副長官の会談

平成25年4月24日

  1.  本24日午前10時から約1時間、河相周夫外務事務次官は、来日中のウイリアム・バーンズ米国務副長官と会談を行ったところ、概要は以下のとおりです。

    1.  両者は、ジョン・ケリー米国務長官の訪日の成果を踏まえ、両国間の安全保障協力、環太平洋パートナーシップ(TPP)、ハーグ条約等の課題について意見交換を行いました。
    2.  両者は、アジア太平洋地域情勢について議論を行いました。特に、朝鮮半島情勢に関し、北朝鮮の挑発的言動に対して引き続き断固とした対応をとっていくこと、日米韓の連携が重要であることを確認し、さらに議論を深めていくことで一致しました。
    3.  この他、両者は、中東地域情勢等についても意見交換を行い、日米で連携していくことを確認しました。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る