報道発表

タジキスタンに対する人材育成に資する無償資金協力に関する書簡の交換

令和元年10月7日

  1. 1 10月4日(現地時間同日),タジキスタンの首都ドゥシャンベにおいて,我が方中垣朋博在タジキスタン日本国大使館臨時代理大使と先方シロジッディン・ムフリッディン・タジキスタン外務大臣(H. E. Mr. Sirojiddin MUHRIDDIN, Minister of Foreign Affairs of the Republic of Tajikistan)の間で,総額2億1,800万円を限度とする無償資金協力「人材育成奨学計画」に関する書簡の交換が行われました。

    2 この協力は,タジキスタンの将来を担う若手行政官等が,我が国で学位を取得するために必要な経費等を供与するものです。タジキスタンでは国づくりを担う人材が不足しており,同国による主体的な国づくりを促進するための人材育成が急務となっており,我が国は「人材育成奨学計画」を通じた協力を平成21年度から継続的に実施しています。本件書簡の交換により,最大で13名(修士12名,博士1名)のタジキスタンからの留学生が日本の大学院に留学することとなります。

    3 この協力により,タジキスタンの将来を担う人材が専門知識を修得し,それを同国の経済社会開発に生かしていくとともに,これらの人材が我が国に対する理解を深めることで,二国間関係が一層強化されることが期待されます。

    [参考]タジキスタン共和国基礎データ
     タジキスタン共和国は面積約14万3,100平方キロメートル(日本の約4割),人口約930万人(2019年,国連人口基金),人口一人当たり国民総所得(GNI)は1,010米ドル(2018年, 世界銀行)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る