報道発表

カンボジアにおける水・衛生環境改善のための無償資金協力に関する書簡の交換

令和元年10月3日

  1. 1 本3日(現地時間同日),カンボジア王国の首都プノンペンにおいて,我が方三上正裕駐カンボジア大使と先方プラック・ソコン・カンボジア王国副首相兼外務国際協力大臣(Mr. PRAK Sokhonn Deputy Prime Minister, Minister of Foreign Affairs and International Cooperation of the Kingdom of Cambodia)との間で27億7,700万円の無償資金協力「プノンペンにおける下水道整備計画」に関する交換公文の署名が行われました。

    2 カンボジアの首都プノンペンでは,近年の急速な人口増加と都市化により汚水量が増大する中,下水道処理施設は未整備であり,不完全な処理のまま汚水が流されているため,プノンペン住民の水・衛生環境に悪影響を及ぼしています。本協力では,汚水の処理先であるチュングエック湖に下水道施設を整備することにより,当該地域住民約2万人の水・衛生環境の保全及び改善を通じ,同国の生活の質向上に寄与することが期待されます。

    [参考]カンボジア王国基礎データ
     カンボジア王国は,面積約18万1,000平方キロメートル(日本の約0.48倍)を有し,人口1,529万人(2019年,人工センサス),人口1人あたりの国民総所得(GNI)は1,230ドル(2017年,世界銀行)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る