カンボジア王国

カンボジア王国(Kingdom of Cambodia)

基礎データ

平成28年6月17日

  • カンボジア王国国旗

一般事情

1 面積

18.1万平方キロメートル(日本の約2分の1弱)

2 人口

14.7百万人(2013年政府統計)

3 首都

プノンペン

4 民族

人口の90%がカンボジア人(クメール人)とされている。

5 言語

カンボジア語

6 宗教

仏教(一部少数民族はイスラム教)

7 略史

年月 略史
9~13世紀 現在のアンコール遺跡地方を拠点にインドシナ半島の大部分を支配。
14世紀以降 タイさらにベトナムの攻撃により衰退。
1884年 フランス保護領「カンボジア王国」。
1953年 カンボジア王国としてフランスから独立。
1970年 ロン・ノルら反中親米派、クーデターによりシハヌーク政権打倒。王制を廃しクメール共和制に移行。
親中共産勢力クメール・ルージュ(KR)との間で内戦。
1975年 KRが内戦に勝利し、民主カンボジア(ポル・ポト)政権を樹立。同政権下で大量の自国民虐殺。
1979年 ベトナム軍進攻でKR敗走、親ベトナムの「カンプチア人民共和国」(プノンペン(ヘン・サムリン)政権)擁立。
以降、プノンペン政権とタイ国境地帯拠点の民主カンボジア三派連合(KRの民主カンボジアに王党(シハヌーク)派・共和(ソン・サン)派が合体)の内戦。
1991年 パリ和平協定。
1992年 国連カンボジア暫定機構(UNTAC)活動開始(1992~93年、日本初の国連PKO参加。)
1993年 UNTAC監視下で制憲議会選挙、王党派フンシンペック党勝利。新憲法で王制復活。ラナリット第一首相(フンシンペック党)、フン・セン第二首相(人民党:旧プノンペン政権)の2人首相制連立政権。
1997年 首都プノンペンで両首相陣営武力衝突。ラナリット第一首相失脚。
1998年 第二回国民議会選挙。第一次フン・セン首班連立政権。
1999年 上院新設(二院制へ移行)。ASEAN加盟。
2003年 第三回国民議会選挙。
2004年 第二次フン・セン首班連立政権発足。
シハヌーク国王引退、シハモニ新国王即位。WTO加盟。ASEM参加決定。
2006年 上院議員選挙
2008年 第四回国民議会選挙。第三次フン・セン首班連立政権発足。
2012年 第二回上院選挙。ASEAN議長国。(二回目)
2013年 第五回国民議会選挙。フン・セン首相首班政権発足。

政治体制・内政

1 政体

立憲君主制

2 元首

ノロドム・シハモニ国王(2004年10月即位)

3 国会

二院制
上院
(全61議席、任期6年、サイ・チュム議長)
国民議会(下院)
(全123議席、任期5年、ヘン・サムリン議長(人民党名誉党首))

4 政府

首相:フン・セン(人民党党首)。

外交・国防

1 外交基本方針

中立・非同盟、近隣国をはじめとする各国との平和共存。国際社会からの援助と投資の取り付け。

2 軍事力

  • (1)国防費 約277百万米ドル(2014年予算法より)
  • (2)志願兵役制
  • (3)総兵力 約120,000人

経済

1 主要産業

農業(GDPの30.5%)、工業(GDPの27.1%)、サービス業(GDPの42.4%)(2014年、ADB資料)

2 名目GDP

約177億米ドル(2015年推定値、IMF資料)

3 一人当たりGDP

1,140米ドル(2015年推定値、IMF資料)

4 物価上昇率

1.1%(2015年予測値、IMF資料)

5 失業率

不明

6 貿易総額(2014年、関税消費税総局資料)

(1)輸出
107億米ドル
(2)輸入
225億米ドル

7 主要貿易品目(2014年、関税消費税総局資料)

(1)輸出
衣類(50.3%)、印刷物(37%)、履き物(3.9%)、穀物(2.1%)、ゴム(1.3%)
(2)輸入
織物(35%)、機械(9%)、電気機器(5%) 、石油製品(4%)、車輌(4%)

8 主要貿易相手国(2015年、IMF[Direction of Trade Statistics])

(1)輸出
米国 (23%)、英国(9%)、ドイツ (8%)、日本 (7%)、カナダ(7%)
(2)輸入
タイ(28%)、中国(22%)、ベトナム(16%)、香港(6%)、シンガポール (6%)[日本 (2%)(第10位)]

9 通貨・為替レート

リエル(1米ドル=4,006リエル、2016年3月末時点。中央銀行資料)

10 経済概況

カンボジア経済は2004年から2007年までの4年間、10%を超える高い経済成長を記録した。しかし、サブプライムローン問題に端を発した世界同時不況の影響を受け、2009年の経済成長率は0.1%まで落ち込んだものの、翌年の2010年には6.1%にまで回復し、2011年以降は7%成長を続けている。インフレ率は、石油価格の低迷と食料価格の安定により、2015年平均1.1%と低水準となっている。経常収支及び財政収支は慢性的に赤字であり、2015年(IMF予測値)では、前者は▲11.1%(対GDP比)、後者は▲2.0%(対GDP比)と予想されている。堅調な縫製品等の輸出品、建設業、サービス業及び海外直接投資の順調な増加により、今後も安定した経済成長が見込まれている。

経済協力

1 日本の援助実績

(1)有償資金協力
約883億円(2014年度までの累計)
(2)無償資金協力
約1,785億円(2014年度までの累計)
(3)技術協力
約797億円(2014年度までの累計)

2 主要援助国・機関の支援額(2014年推計値)(単位:百万ドル、出典:CDC, CRDB)

日本(153)、オーストラリア(69)、米国 (86)、EU(75)、中国(318)、ADB(126)、世銀(51)

二国間関係

1 政治関係

日本は1992年3月に駐カンボジア特命全権大使を任命し、在カンボジア大使館を17年ぶりに再開。一方、カンボジア側は1994年12月、1975年以来閉鎖していた在京カンボジア大使館を再開。2013年12月両国関係を戦略的パートナーシップに格上げ。

2 経済関係

(1)対日貿易(2015年、財務省貿易統計)
(ア)貿易額
日本への輸出 約1,172億円
日本からの輸入 約366億円
(イ)主要品目
日本への輸出 衣類:66%、履物:19%、バッグ類:4%
日本からの輸入 輸送機器(車両、バイク等):29%、一般機械(建設機器):24%、電気機器(24%)
(2)日本からの直接投資(2015年)
(ア)投資承認額(カンボジア開発評議会(CDC))
約56.8百万ドル(前年は約47.9百万ドル)
(イ)投資対象分野、進出企業
縫製、製靴、自動車部品、医療、建設部材等
(3)2007年6月、「投資の自由化、促進及び保護に関する日本国とカンボジア王国との間の協定(いわゆる日カンボジア投資協定)」に署名し、2008年7月末に発効した。
(4)2015年1月、「航空業務に関する日本国とカンボジア王国との間の協定 (いわゆる日・カンボジア航空協定)」に署名し、2016年5月発効した。

3 文化関係

(1)2012年より、カンボジア日本人材開発センター(CJCC)と共催で、日本文化紹介イベントである「日カンボジア絆フェスティバル」を毎年開催(2月下旬頃)。4日間で延べ約1万5千人の集客がある。

(2)1993年10月、「アンコール遺跡救済国際会議」(東京)を開催。以降、同会議で設置されたアンコール遺跡保存修復国際調整委員会(ICC)において例年日本はフランスと共に共同議長を務めている。また、1994年より日本国政府アンコール遺跡救済チーム(JSA)を通じ、アンコール遺跡の保存修復活動を実施中。2006年からは、アンコール地域遺跡整備機構(APSARA機構)と共同でJASAとして活動している。

4 在留邦人数

2,270人(2014年10月現在)

5 在日カンボジア人数

6,111人(2015年12月時点、入管統計)

6 要人往来

(1)往
年月 要人名
1957年11月 岸総理大臣
1959年5月 藤山外務大臣
1993年9月 羽田副総理大臣兼外務大臣
1995年8月 河野副総理大臣兼外務大臣
2000年1月 小渕総理大臣
2001年6月 秋篠宮同妃両殿下
2002年11月 小泉総理大臣(ASEAN関連首脳会議)
2003年6月 川口外務大臣
2005年6月 町村外務大臣
2006年8月 横路衆議院副議長
2009年1月 中曽根外務大臣
2009年10月 岡田外務大臣(日メコン外相会議)
2012年6月 皇太子殿下(東南アジア御訪問)
2012年7月 玄葉外務大臣(ASEAN関連外相会議)
2012年11月 野田総理大臣(ASEAN関連首脳会議)
2013年2月 秋篠宮殿下(故シハヌーク前国王葬儀御出席)
2013年11月 安倍総理
2014年6月 岸田外相
2014年8月 輿石参議院副議長
(2)来
年月 要人名
1953年4月 シハヌーク国王陛下
1955年12月 シハヌーク首相(国賓)
1961年10月 シハヌーク国家首席
1984年5月 シハヌーク民主カンボジア連合政府大統領
1988年8月 シハヌーク民主カンボジア連合政府大統領、子息シハモニ殿下(現国王)
1989年2月 ラナリット同妃両殿下(大喪の礼)
1990年6月 シハヌーク民主カンボジア連合政府大統領、フン・セン・プノンペン政権首相(カンボジア和平に関する東京会議)
1992年6月 シハヌーク最高国民評議会議長
1994年3月 ラナリット第一首相夫妻、フン・セン第二首相夫妻、シリヴット副首相兼外務国際協力相(カンボジア復興国際会議)
1999年6月 チア・シム上院議長(5度目)
2002年3月 ラナリット下院議長(8度目)
2003年12月 フン・セン首相(13度目)
2005年5月 フン・セン首相(14度目)
2007年6月 フン・セン首相(15度目・公賓)
2007年10月 ヘン・サムリン下院議長
2009年11月 フン・セン首相(16度目)
2010年5月 シハモニ国王陛下(国賓)
2012年1月 ヘン・サムリン下院議長
2012年4月 フン・セン首相(17度目)
2013年12月 フン・セン首相(18度目・日ASEAN特別首脳会議、公実賓)
2015年3月 フン・セン首相(19度目・国連防災世界会議)
2015年7月 フン・セン首相(20度目、日メコン首脳会議)
2016年2月 サイ・チュム上院議長(参議院招へい)

7 二国間条約・取極

このページのトップへ戻る
カンボジア王国へ戻る