報道発表

ザンビアに対する地域保健状況改善のための無償資金協力に関する書簡の交換

令和元年8月27日

  1. 1 本27日(現地時間同日),ザンビア共和国の首都ルサカにおいて,我が方側嶋秀展駐ザンビア大使と先方ブワリャ・ンガンドゥ財務大臣(Honourable, Dr. Bwalya Ng’andu, Minister of Finance of the Republic of Zambia) との間で,無償資金協力「経済社会開発計画(供与額3億円)」に関する交換公文の署名が行われました。

    2 乳幼児死亡率や妊婦死亡率等が高く,また,主要疾患の大半を占める感染症の蔓延が社会経済発展の阻害要因となっているザンビアでは,これら主要疾患の予防及び治療による保健状況の改善が不可欠であり,抗生物質や鎮痛剤等の必須医薬品を集めたヘルス・キットの整備が必要になっています。

    3 この協力は,ザンビア政府に対しこれらヘルス・キットを供与することにより,特に地方における主要感染症の治療における乳幼児の生存率向上及び発育改善を図り,もって同国の経済社会開発に寄与するものです。

    4 我が国は,2016年8月にケニアで開催された第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)において,質の高い生活のための強靱な保健システムの促進を表明(PDF)別ウィンドウで開くしており,この協力は同表明を具体化するものです。

    [参考]ザンビア共和国基礎データ
     ザンビアの面積は約753平方キロメートル,人口は1,709万人(2017年,世界銀行),人口1人当たりのGNIは1,300米ドル(2017年,世界銀行)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る