報道発表

ミャンマーに対する無償資金協力
「日本ミャンマー・アウンサン職業訓練学校整備計画」に関する書簡の交換

令和元年6月27日

  1. 1 本27日(現地時間同日),ミャンマー連邦共和国の首都ネーピードーにおいて,我が方丸山市郎駐ミャンマー大使と,先方セッ・アウン計画・財務副大臣(Dr. Set Aung, Deputy Minister for Planning and Finance)との間で,総額27億2,600万円を限度とする無償資金協力「日本ミャンマー・アウンサン職業訓練学校整備計画」の交換公文の署名が行われました。

    2 この協力は,日本の知見を生かした質の高い職業訓練を行うために,ヤンゴン市において,新たに設立された職業訓練学校の施設・機材を整備するものです。2025年(事業完成3年後)時点で,新設された職業訓練施設で新規コースである自動車整備コース及び電気関連コースに,それぞれ累計200人の学生を受け入れることが可能となります。この計画により,質の高い教育・訓練を提供する職業訓練学校を設立し,もってミャンマーの産業界と労働市場のニーズを踏まえた人材育成と雇用創出に寄与することが期待されます。

    3 この案件は,2016年11月に行われた安倍総理大臣とアウン・サン・スー・チー・ミャンマー国家最高顧問との会談において,安倍総理大臣が表明した2016年度から官民合わせて5年間で8,000億円のコミットメントの実施に資する案件(PDF)別ウィンドウで開くです。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る