報道発表

旧朝鮮半島出身労働者問題に関する金杉アジア大洋州局長による金敬翰在京韓国大使館次席公使の召致

令和元年6月19日

  1.  本19日午前,金杉憲治アジア大洋州局長が金敬翰(キム・ギョンハン)在京韓国大使館次席公使を召致し,以下の立場を伝達しました。

    1 5月20日に日本政府から韓国政府に対し通告した日韓請求権協定第3条2に基づく仲裁付託に関し,韓国政府が,同協定上の義務を果たさず,期限内に仲裁委員を任命しなかったことは遺憾である。

    2 韓国政府の同協定上の次なる義務は,締約国に代わり仲裁委員を指名する第三国を選定することであり,韓国政府に対し,協定上の義務に従い,仲裁に応じるよう強く求める。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る