報道発表

日・中動物衛生及び検疫協定(仮称)交渉における実質合意

平成31年4月15日

  1. 1 14日,日中ハイレベル経済対話において,日中両国政府は,日・中動物衛生及び検疫協定(仮称)について実質合意に至ったことを確認し,歓迎しました。

    2 この協定は,国境を越えた動物疾病の管理における両国の協力強化を通じて,動物及び動物由来の製品の安全な取引を促進することを目的としており,この協定の締結により,日本産牛肉などの畜産物の対中輸出解禁に向けた両国間の調整の加速化が期待されます。

    3 今後,日中両国政府の間で,必要な作業及び調整を行い,協定の早期署名を目指します。

    [参考]これまでの政府間交渉

    • 第1回政府間交渉(平成30年12月6日,於:北京)
    • 第2回政府間交渉(平成31年1月18日,於:北京)
    • 第3回政府間交渉(平成31年3月14日,於:北京)

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る