報道発表

狩野岡山大学教授への外務大臣次席科学技術顧問としての業務の委嘱

平成31年4月1日

英語版 (English)

  1. 1 本1日,外務省は,狩野光伸岡山大学教授に外務大臣次席科学技術顧問としての業務を委嘱しました。

    2 平成27年9月より,岸輝雄東京大学名誉教授が外務大臣科学技術顧問(外務省参与)として活動してきており,今後,外務大臣科学技術顧問の活動を補佐するために,外務大臣次席科学技術顧問としての業務の委嘱を行うものです。

    3 狩野外務大臣次席科学技術顧問の助言及び活動により,我が国の科学技術外交が一層強化されることが期待されます。

    [参考1]外務大臣科学技術顧問(外務省参与)及び外務大臣次席科学技術顧問
     平成27年9月,外務大臣科学技術顧問(外務省参与)として,岸輝雄東京大学名誉教授が任命された。外務大臣科学技術顧問(外務省参与)は,外務大臣の活動を科学技術面でサポートし,各国の科学技術顧問・科学技術分野の関係者との連携強化を図りながら,各種外交政策の企画・立案における科学技術の活用について外務大臣及び関係部局に対し助言を行う。
     外務大臣次席科学技術顧問は,外務大臣科学技術顧問(外務省参与)の補佐を行う。

    [参考2]狩野光伸岡山大学教授の略歴(PDF)別ウィンドウで開く


関連リンク

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る