報道発表

阿部外務副大臣とアグエロ・ホンジュラス外務・国際協力大臣との会談

平成31年3月24日

英語版 (English)

  1.  本24日午後3時30分から約30分間,阿部俊子外務副大臣は,第5回国際女性会議WAW!/W20に出席するために訪日中のマリア・ドローレス・アグエロ・ホンジュラス共和国外務・国際協力大臣(H.E. Ms. María Dolores Agüero, Minister of Foreign Affairs and International Cooperation of the Republic of Honduras)と会談したところ,概要は以下のとおりです。

    1 冒頭,阿部副大臣から,アグエロ大臣の初訪日を歓迎しつつ,本日,両国の関係強化の証でもある政策協議メカニズムの設立に関する覚書に署名できることを嬉しく思う旨述べました。これに対し,アグエロ大臣から,日本による招待により初来日が可能となり,豊かな文化を知ることができ大変感謝している他,覚書の署名に大変満足している旨述べました。

    2 また,阿部副大臣から,2020年は両国の外交関係樹立85周年を迎え,またホンジュラスが同年前半にSICA議長国を務めると承知しており,日・ホンジュラスのみならず日・中米関係のさらなる活性化を期待する旨述べたのに対し,アグエロ大臣からは,同機会における関係強化への関心が示されました。

    3 さらに,両者は北朝鮮情勢安保理改革等の国際場裡における諸問題についても意見交換を行い,協力関係を深化させていくことを確認しました。

    [参考]中米統合機構(SICA)

    • 地域の経済社会統合を図り,和平・自由・民主主義・開発を達成させる目的でテグシガルパ議定書により1991年に設立された組織。
    • 加盟国8か国(エルサルバドル,グアテマラ,コスタリカ,ドミニカ共和国,ニカラグア,パナマ,ホンジュラス,ベリーズ)
    • 加盟8か国の間で6か月毎の持ち回りで議長国を務める。2019年前半はグアテマラ,同年後半はエルサルバドル。

このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る