報道発表

スリランカに対する円借款に関する書簡の交換

平成31年3月11日

  1. 1 本11日(現地時間同日),スリランカのコロンボにおいて,我が方杉山明駐スリランカ大使と先方ラネプラ・ヘーワゲ・サマンタ・サマラトゥンガ財務省次官(Dr. Ranepura Hewage Samantha Samaratunga, Secretary, Ministry of Finance)との間で,供与限度額300億4,000万円の円借款「コロンボ都市交通システム整備計画(第一期)」に関する書簡の交換が行われました。

    2 対象案件の概要

     この計画は,コロンボ市及びその近郊において新交通システム(LRT)を導入することにより,輸送能力の増強,公共交通サービスの安全性・快適性の向上及び大気汚染等の交通公害の軽減を図るものです。
     この計画の実施により,総延長15.7kmの区間にLRTを整備することで,対象区間であるフォートからITパークまでの所要時間が68.2分から32.8分に短縮されるとともに,2028年には1日当たり222本の列車が運行され,1年当たりの乗客輸送量は1億3,200万人となる見込みです。この計画により,スリランカにおける質の高いインフラを通じた連結性強化,社会経済活動の活性化及び都市環境の改善に寄与することが期待されます。

    3 供与条件

    (1)金利:年0.1%(コンサルティングサービス部分は年0.01%)
    (2)償還期間:40年(12年の据置期間を含む。)
    (3)調達条件:タイド

    [参考]スリランカ民主社会主義共和国基礎データ
     スリランカ民主社会主義共和国は,面積6.6万平方キロメートル(日本の約6分の1の大きさ),人口約2,144万人(2017年,世界銀行),1人当たり国民総所得(GNI)は3,850ドル(2017年,世界銀行)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る