報道発表

ナイジェリアに対する無償資金協力に関する書簡の交換

平成30年11月26日

  1. 1 11月23日(現地時間同日)ナイジェリア連邦共和国のアブジャにおいて,我が方菊田豊駐ナイジェリア大使と先方ウドマ・ウド・ウドマ・ナイジェリア連邦共和国予算・国家計画大臣(Sen. Udoma Udo Udoma, Minister of Budget and National Planning of the Federal Republic of Nigeria)との間で,23億4,900万円を供与限度額とする無償資金協力「ラゴス変電設備緊急復旧・増強計画」に関する書簡の交換が行われました。

    2 ナイジェリア南西部ラゴス州のアパパロード変電所が電力供給する区域の需要は年々増加を続け,ピーク時電力負荷は同変電所の供給可能な容量を超過していたことに加え,脆弱な送電系統による電力供給の安定性が課題となっています。

    3 この協力は,同変電所の復旧・増強を行うことにより,同国最大の港湾であるラゴス港を含む港湾施設及び周辺産業地域への電力供給の安定性や信頼性向上を図り,質の高い経済成長のための基盤づくりに寄与するとともに,現地で操業する日系企業も含めた周辺地域の持続的な経済活動の促進に寄与するものです。
     この協力を通じて,同変電所の電力供給可能な容量が約78%増加するとともに,1軒あたりの停電時間が3分の1以下に減少することが見込まれます。

    4 我が国は,2016年8月の第6回アフリカ開発会議(TICAD VI)において,アフリカ開発銀行との共同イニシアティブ(EPSA)も活用しつつ約100億ドルの質の高いインフラ投資を実施することを表明(PDF)別ウィンドウで開くしており,本件は同表明を具体化するものです。

    [参考]ナイジェリア連邦共和国基礎データ
     ナイジェリア連邦共和国の面積は約92万3千平方キロメートル(日本の約2.5倍)。人口は1億9,088万人(世界銀行,2017年),1人当たり国民総所得(GNI)は約2,080ドル(世界銀行,2017年)。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る