報道発表

日豪外相電話会談

平成30年8月29日

  1.  本29日,午後3時40分から約10分間,河野太郎外務大臣は,マリス・ペイン・オーストラリア連邦外務大臣(Senator The Hon Marise Payne, Minister for Foreign Affairs of the Commonwealth of Australia)と電話会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

    1 冒頭,河野大臣から,ペイン外務大臣の就任につき祝意を表するとともに,これまで国防大臣として,日豪間の安保防衛協力の推進に尽力してきたペイン外務大臣の就任を心強く思う旨述べました。

    2 双方は,日本とオーストラリアが,自由,民主主義,人権,法の支配といった普遍的価値と戦略的利益を共有する「特別な戦略的パートナー」であることを確認しました。更に,モリソン首相の新体制下においても,強固な日豪関係を維持し,自由で,開かれ,安定し,繁栄したインド太平洋地域を主導するために,引き続き緊密に協力していくことで一致しました。


このページのトップへ戻る
報道発表へ戻る